DOE HOME > ホームページ制作料金・集客プラン > SEO対策(検索エンジン最適化)

SEO対策(検索エンジン最適化)

どんなにデザインの素晴らしいホームページを制作したところで、ホームページに訪れるユーザーがいなければそのデザインは宝の持ち腐れになってしまいます。ではどうすればホームページに訪れてくれるのか?大きく分けると3つの経路があり、一つ目に別のサイトからリンクを辿ってやってくるケース、二つ目に直接URLを入力するなどして訪れるケース、三つ目にGoogleやYahoo!といった検索エンジンから訪れるケースとなります。
この検索エンジンからのアクセスをいかにして増やすか、というのがこのページで説明する『SEO対策(検索エンジン最適化)』と呼ばれています手法となります。

SEO対策(検索エンジン最適化)の説明

「SEO」とは主にGoogleにおいて、特定のキーワードで検索したときに、少しでも上位に自社のホームページが表示されるようにするための各種施策のことを指します。

SEO対策とは特定の検索ワードで
対象サイトが上位に表示される対策

検索結果一覧ページでの変動

検索エンジンの順位はどうやって決めているか

検索エンジンがどのように順位を決めているか、そのルールは公平性を保つために公表されていません。しかし、「検索ワードに対して適切な検索結果を表示する」ことを目標にGoogleの検索プログラムは作られています。言い換えると、「対象とするホームページが、検索ワードに関してどれだけ重要か」という指針に基づいているわけです。
そこから考えられる対策が、下で説明する「内部SEO対策」と「外部SEO対策」です。

外部SEO対策

外部SEO対策

外部SEOの説明

インターネットはいろいろなホームページどうしが「リンク」でつながり合っていますが、リンクを多くもらっているホームページは言わば「ホームページとして価値が高い」と認められていることになります。従ってGoogle等の検索エンジンは、どれだけリンクされているかというデータをひとつの評価基準として持っています。
このことから、ひと昔前はいろいろな外部のサイト管理者に対して「相互リンク」を依頼するケースがありましたが、今はそれが逆効果になることもあります。詳しくはGoogleのペナルティに関するページもご参照ください。

内部SEO対策

内部SEO対策

内部SEOの説明

内部SEO対策は、外部SEO対策とは異なり、ホームページの制作サイドでコントロールが可能です。
具体的にはGoogleのシステムが理解しやすいようなHTMLコーディングをしたり、ヒットさせたい検索ワードをページ内に適切に埋め込んだり、サイト内のリンク構造を適切に構築することなどが挙げられます。
ただし、外部SEO対策と同様、こちらも闇雲にキーワードなどを埋め込めば良いという訳ではありません。Googleの検索プログラムも、ホームページ制作サイドの技術も日々変化しています。その中にあってDOEは研究を続け、お客様に適したSEO施策を臨機応変にご提案させていただいております。

コンテンツ増加によるSEO対策

コンテンツ増加によるSEO対策はこちら

SEO対策プラン初期制作時無料対応

テキスト更新

お客様のご用意

  • サーバー情報

お客様のホームページを調査させていただき、最適なSEOプランをご提示させていただきます。

作業内容

  • キーワード調査
  • ホームページ内部コーディング調査
  • プランニング
  • SEOチューニング
  • サーバーアップロード

制作期間:内容により異なります。

¥20,000~
(消費税別途)

主なSEO対策の詳細

一言で『SEO対策』と言っても、「これをやれば確実に検索順位が上がる」というような施策はありません。多くの施策を、総合的に行っていくことで、初めて少しずつ検索順位が上がっていくというのがSEO対策です。
以下にそのSEO対策の一部をご紹介いたします。

  • titleタグ

    titleタグ

    SEOの基本であり、最も重要な対策の一つです。

    初期制作時標準対応重要度5

  • meta-description最適化

    meta-description最適化

    ページごとに設定し、そのページの要約を掲載します。

    初期制作時任意対応重要度2

  • 見出しタグ適切化

    見出しタグ適切化

    見出しに適切なキーワードを埋め込むことが重要です。

    初期制作時標準対応重要度4

  • altタグ適切化

    altタグ適切化

    検索エンジンが認識できない画像の替りとなるテキストです。

    初期制作時標準対応重要度2

  • strongタグ最適化

    strongタグ最適化

    重要なキーワードには強調するタグを設定します。

    初期制作時標準対応重要度4

  • リンクタグ最適化

    リンクタグ最適化

    リンク設定した箇所に使用するテキストの内容は重要です。

    初期制作時標準対応重要度5

  • URL正規化

    URL正規化

    『www』が付く場合と付かない場合は別のページとして扱われます。

    初期制作時標準対応重要度5

  • リダイレクト

    リダイレクト

    ページのURLが変更になる場合などには必須の設定です。

    初期制作時標準対応重要度4

  • XMLサイトマップ送信

    XMLサイトマップ送信

    検索エンジンにページのリストを伝えることができます。

    初期制作時任意対応重要度4

  • HTML構造タグの見直し

    HTML構造タグの見直し

    論理構造とデザインを切り離して検索エンジンライクにします。

    初期制作時標準対応重要度4

  • キーワード調査

    キーワード調査

    どのキーワードで検索順位を上げるべきか見極めます。

    初期制作時任意対応重要度4

  • webマスターツール導入

    webマスターツール導入

    検索エンジンがどのようにサイトを扱っているのか分析できます。

    初期制作時任意対応重要度4

  • 検索エンジン登録代行

    検索エンジン登録代行

    まだ検索エンジンに見つけられていない場合は通知を行います。

    初期制作時標準対応重要度5

  • Googleプレイスの開設

    Googleプレイスの開設

    地域に根付いたビジネスなどには最適です。

    初期制作時任意対応重要度3

  • ブログ開設

    ブログ開設

    ブログで優良なコンテンツを多く作成できます。

    初期制作時見積対応重要度5

[集客の要] SEO対策のポイント!一覧を見る

ホームページ制作のお見積額が40万円以上で、20%OFFキャンペーン

ホームページ制作のお問い合わせは横浜のDOEで。