DOE HOME > DOEの強み > 凄まじい納品チェック

凄まじい納品チェック

一般のホームページ制作会社では制作後、大した確認をせずに納品してしまうケースがあります。その結果「リンク切れ」「不十分なスペース取り」「別のブラウザでの表示エラー」「不十分なSEO対策」「使いにくいCMS」「コピー&ペーストミス」等でお客様に不満が残ってしまう場合があります。
DOEでは納品を行う際に下記の項目を必ずクリアするようにマネジメントしておりますので安心です。

ホームページ納品チェック表

デザイン デザイン確認 アートディレクターによるデザイン確認を行ないます。
主にスペーシングのチェックやデザイン体裁のチェック等を行ないます。
PCブラウザ IE11 シェアが大きく、バグも多いブラウザであるIE(Internet Explorer)は、バージョンごとにデザインの崩れやJavascriptなどの動作検証を行います。
その他のブラウザは基本的には最新バージョンで検証します。
IE10
IE9
IE8
FireFox
GoogleCrome
Mac Safari(PC)
タブレットブラウザー iPad iPadによるデザインの崩れ、動作検証を行います。
スマホブラウザー iphoneレイアウト確認
(縦・横)
PC向けのサイトであっても、スマホで見たときにデザインの崩れなどが起きないか検証します。ただしPC向けサイトは、スマホ特有のバグ等全てに対応させることができない場合もあります。
Androidレイアウト確認
(縦・横)
リンク コンテンツエリア
全クリック確認
クリックできるボタンやテキストリンクは、全てクリックして検証します。
共通エリア
1ページのみクリック確認
全ページ共通で表示されるヘッダー(ページ上部、ロゴまわりのデザイン)やフッター(ページ下部のデザイン)などは1ページのみチェックします。
リンクチェックツール リンク切れのチェックが起きていないか検証できるツールを使用します。
コンテンツ ###の検索 制作過程でダミーとして入力しておいた特殊な文字列が残っていないか最後にチェックします。
xxxの検索
フォーム テスト送信 お問合せフォームなどを送信してエラーが出ないかチェックします。
未入力送信 フォームにの必須項目が未入力だった場合に正しくエラー表示されるかチェックします。
サンキューページ フォーム送信後に送信完了を知らせるページに遷移するかチェックします。
確認ページ 送信直前の、送信確認ページで正しく入力項目が反映されているかチェックします。
ユーザー宛自動返信メール フォーム送信者本人に、自動で送信内容の確認メールが届くか、また、そのメールの文面をチェックします。
管理者宛自動送信メール お客様宛のメールが届くか、また、そのメールの文面をチェックします。
パーミッション確認 サーバーでのパーミッション変更が必要な場合は正しいパーミッションかチェックします。
お客様送信テスト DOE内での送信テストの後は、お客様に同様のテストをしていただきます。
文字サイズ 文字サイズ大確認(IE7) ブラウザの機能で文字サイズを変更した場合にもレイアウトが崩れないかチェックします。
SEO タイトル 各ページにある『titleタグ』の内容がSEOに適しているかチェックします。
meta description 各ページの要約文をチェックします。ただし不要と判断するケースは敢えて空白にする場合もあります。
h1 『h1』という、見出しを入力するタグに、SEOを考慮したテキストが入っているかチェックします。
alt確認 各画像に、代替テキストとして適切な文言を設定しているかチェックします。ただしaltが不要な画像もあります。
canonical設定(スマホ)
重複コンテンツ対策
PCサイトと同様のコンテンツをスマホサイトで作る場合は、検索エンジンに対して『重複コンテンツではない』と通知する『canonical』設定が行われているかチェックします。
Analytics 登録 DOEではアクセス解析ツールであるGoogleアナリティクスを標準で設定しているため、正しくデータが取れるようになっているかチェックします。
コンバージョン設定 お問い合わせフォームや資料請求フォームからサンキューページに到達したことをアナリティクスに知らせるためのコードが設定されているかチェックします。
ウィルスソフト
Norton Safe Web
検索結果エラー Norton Safe Webというツールを使い、検索エンジンの検索結果ページでエラー表示がされないかチェックします。
Google 検索エンジン登録 新規ドメインで制作したホームページは、検索エンジンにそのドメインを登録し、クロールしてもらえるように設定します。
リダイレクト 404専用ページ URLが存在しなかった場合に表示されるエラーページを制作する場合は、それが正しく表示されるかチェックします。
リダイレクト ホームページのリニューアル時など、古いURLから新しいURLに自動的に移動させることをリダイレクトと言い、それが正しく機能しているかチェックします。
htaccessでURL正規化 URLに『index.html』が付く場合は『/』スラッシュで終わらせる、等の設定がされているかチェックします。
wwwあり/無し 統一 URLに『www』を付けるのか付けないのか決め、設定がされているかチェックします。
その他 ゴミファイルの削除 制作過程で生まれた不要なファイルが残ったままになっていないかチェックします。
Flashの代替画像 Flashアニメーションを導入したホームページの場合、Flashを閲覧できないデバイス(iPhone等)でも代わりの静止画像が表示されるかチェックします。
favicon作成 ブラウザ上部のタブ等に表示される小さいロゴをfavicon(ファビコン)と呼び、それが表示されるようになっているかチェックします。
旧サイトBack Up Dataの保存 リニューアル時は、リニューアル前のデータ一式がバックアップされているかチェックします。
納品時データのバックアップ
(FTPデータ + データベースエクスポート)
納品時点でのデータ一式がバックアップされているかチェックします。
WordPress 画像サイズ 『メディアサイズ設定』をチェックします。
最大表示 1ページの最大表示件数を越える投稿のチェック(ページャーまたは、「次ページ」等リンクが設定されているか)をします。
画像投稿 画像を挿入しての投稿チェックをします。
class設定 画像挿入時のclass設置(alignleft, alignright, aligncenter)がされているかチェックします。
カテゴリ 投稿記事のカテゴリ名が適切に設定されているかチェックします。
ゴミデータ テストでUPした不要な投稿、画像、PDF等が残っていないかチェックします。
moreタグ 『続きを読む』等のmoreタグの設定はできているかチェックします。
テストURL 開発時に使用することがあるテストURLがデータベース上に残っていないかチェックします。
バックアップ DOEサーバーご利用のお客様は、Webデータのバックアップスケジュールに組み込みます。
管理画面 管理画面から投稿する際に、WYSIWYG(ウィジウィグ)エディター内で見出し等のスタイルを選択できるか、実際の表示に近いスタイルが表示されるかチェックします。

他社を圧倒する対応の速さ

納品チェックだけではない!『Web制作に対する考え』と『サービス』一覧を見る

ホームページ制作のお見積額が40万円以上で、20%OFFキャンペーン

ホームページ制作のお問い合わせは横浜のDOEで。