DOE HOME > DOEの強み > 制作物に込められたDOEの想い

制作物に込められたDOEの想い

全部、やる!

DOEが提供しているサービスは制作から広告まで多岐にわたります。これはお客様にとってメリットとなります。仮にデザインを制作会社に発注し、広告を代理店に発注する、というように分けてしまうと、制作会社は本気で広告効果の高いデザインにこだわってくれるでしょうか?そもそもこだわる以前に、広告効果の高いデザインについて学んでいないことが多いのではないかと思います。DOEの場合、広告代理店で経験を積んだスタッフが「本当に効果のあるクリエイティブ」を責任もって作り上げることができます。
今は広告を例にとりましたが、可能な限りDOE1社で全ての工程をまかなうことで、お客様の負担を軽減するだけでなく、最後まで責任を持ってお客様のお手伝いができるようになります。

安さもサービスという考え方

DOEは常に他の制作会社よりも安くホームページを制作できるように努力しています。
私たちは今まで多くの制作会社を見てきて、多くの無駄を発見しました。ホームページ制作には色々な作業工程があり、案件の種類も様々。また、一つの案件に関わる人間の数も様々です。状況に応じて、どの作業をどのタイミングで進めていくかは非常に重要です。DOEはこの作業効率にとことんこだわります。そうすることで社内コストを減らし低価格でホームページの制作を請け負うことができるようになります。加えて言えばDOEが作業を効率化することで、お客様にも無駄な作業をさせないというメリットもあります。

営業マン・クリエイターである前に、サービスマンであること。

デザイナーを例にとって考えた場合、デザイナーはお客様のことを考えないで良いホームページのデザインができるでしょうか?お客様のことを考えるのは一見当たり前のことのように思われますが、この業界でそれができている制作会社は実は少ないと思っています。多くの場合、デザイナーは社内ディレクターにOKをもらうことに必死になってしまいます。しかしデザイナーにしか気づかないことは沢山あります。
「このボタンはもっと大きくした方が良いのではないか?」
「ここにリンクを置いたほうがクリックされる確率が高いのではないか?」
DOEはホームページ制作をする際、常にお客様目線であることを求められます。
「とにかくお客様に喜んでもらう」
それがDOEとお客がWin-Winの関係となる最善の方法だと考えています。

高いコンペ(提案)獲得率

DOEがこれまで参加してきたコンペや、ホームページリニューアルの提案依頼で、最終的に受注に至った案件は約80%。これは業界的に非常に高い数字です。受注をいただくにはDOEの総合力が試されます。価格、デザインだけではありません。例えば的確なヒアリングをすること、その結果、的を得た提案をすること、お客様へのレスポンスを素早くしてストレスを与えないこと、このような小さなことの積み重ねを評価していただいているのだと思います。

かゆいところに手が届くサービス

一般の制作会社では下記のような対応をされる事が多々あります。
お客様「この更新方法どうするんだっけ?」
制作会社「そこはサポート対象外なので有料オプションになります」
DOEでは、このような3分話せば終わるようなことに対して気持ちのないサポートをするつもりはございません。上記の会話はほんの一例ですが、DOEがちょっと気を利かせることによりお客様の満足度をグンとあげることは可能だと思います。更に言えば写真撮影を無料でしてくれる制作会社なんてDOE以外にないのではないでしょうか?DOEは一般的な制作会社に比べると遥かに「融通が利く」制作会社だという自信があります。

人と人との繋がりを大切にする

極端な話を言えば、事務所の引越しを考えているお客様がいれば不動産屋さんを紹介したいですし、無事ホームページの納品ができればお客様とお酒の一杯も飲みに行きたくなります。お客様と事務的なやり取りに終始するのではなく、温かみのあるお付き合いをしていきます。

何はともあれ愛をもって仕事をする

「愛」なんて言葉は恥ずかしくて滅多に口にできませんが、DOEの根底に「愛」があることは間違いありません。半端な気持ちは一切ありませんし腹をくくって仕事をしています。愛が無ければお客様に喜んでもらいたいなんて到底思えませんし、事務的な提案・デザインしかできなくなってしまいます。それでもノラリクラリとやっていける会社はあるんでしょうが、DOEはそんなのツマラナイと思っています。本気で取り組んでこそお客様の信頼を得ることができ、結果、DOEという会社も成長できるんだと思います。

DOEのど根性

敢えて古臭い言葉を使用しましたが、その言葉の通り、DOEにはど根性があります。ホームページ制作というのは根気のいる作業の連続で、決して華やかではなく、むしろ泥臭い仕事です。デザインひとつ取ってみても、ホームページはアートではありませんので直感で作るなんてことはできません。どうすればユーザーにとって使いやすいデザインになるのか、あるいはインパクトのあるデザインになるのか、そこを突き詰めるのに産みの苦しみがあります。「もうこれでいいや!」は決してしません。お客様に「いいデザインができました!」と自信を持って言えるまで「ど根性」で頑張るのがDOEです。

ホームページ制作料金・集客プラン

関連コンテンツ一覧を見る

ホームページ制作のお見積額が40万円以上で、20%OFFキャンペーン

ホームページ制作のお問い合わせは横浜のDOEで。