DOE HOME > 参考Webパーツ > EFO(エントリーフォーム最適化)

Webパーツ「EFO(エントリーフォーム最適化)」

EFOとはEntry Form Optimizationの頭文字を取ったワードで、エントリーフォーム最適化を意味します。

「お問い合わせフォーム」や「資料請求」、「採用エントリーフォーム」等のユーザー情報を入力してもらう場面で、極力ユーザーへのストレスを抑え、短時間で送信完了(コンバージョン)までユーザーを誘導させるための仕組みです。

例をあげると、「電話番号は半角で入力して下さい」というエラーを出すかわりに、プログラム側で半角数字に変換してあげればエラーを出す必要ありません。
あるいは、番号の間にハイフンを入れるべきか迷わせないために、「入力例」を出しておいてあげればストレスは軽減します。

このようにEFOに気を使う必要があるのは、ユーザーの「途中離脱」を防ぐためです。せっかく途中まで入力してくれたユーザーを逃してしまうのは大きな機械損失となるため、EFOの役割は重要だと言えます。

あれもこれも色々サービスしてホームページ制作費用が業界相場以下

関連コンテンツ一覧を見る

ホームページ制作のお見積額が40万円以上で、20%OFFキャンペーン

ホームページ制作のお問い合わせは横浜のDOEで。