INFORMATION HALL

ホームページ制作TOP > ホームページ制作情報館 > AI・ブロックチェーンにより変化する社会
[期間限定] 標準クオリティープラン  WEBサイト制作20%OFF
失敗しないWeb制作会社の選び方
DOEブログ

AI・ブロックチェーンにより変化する社会

DOEブログ2018.05.28

昨今、話題になっている「AI」、「ブロックチェーン」といった技術。
「AI」、「ブロックチェーン」がもっと具体的になった時、需要が少なくなる職種・業務、新たに発生するビジネスはもちろんあるが、少なからず社会的に混乱する。

国としてはベイシックインカムのような社会保障制度を大きく見直す必要があるかもしれない。

これから主流となりえる「AI」や「ブロックチェーン」。
そして派生する社会保障制度「ベイシックインカム」。
また、そうした背景から「ティール組織」といった組織概念が脚光を浴びている。

これらの技術や考えには共通点がある。
それは「人間的な煩わしさ」を軽減して、もっとスマートに社会を形成するという事と「自由主義」に時代が推移しているように思える。

大きい法人組織ほど苦戦するかも

  • 雇用体系
  • 働き方
  • コミュニケーションのあり方
  • 管理職のポジション

時代変化によって求められていることと既存の社会に大きな乖離が生まれ、もしかしたら今まで培ってきた各企業の「組織」の概念を変化させる必要があるかもしれません。

柔軟に対応できる組織は?

想定と準備をしている組織、あるいは時代変化に前向きな組織は柔軟に対応ができそうだが、大きい組織の舵を傾けるのはリスクが伴い大変である。逆に「個人事業主」や「少人数で構成された強いチーム」は柔軟に対応ができそうだ。

厚生労働省が定めている労働規制には限界がある。

厚生労働省が定めている労働規制とこれから始まる自由主義時代の乖離が激しすぎる。中途半端なテコ入れよりも「ベイシックインカム」を導入してしまう方がいろいろな問題が後手にならず建設的なように感じる。

具体的な変化

「円」の他に外貨貯金。これは必要か?

ハイパーインフレになった場合にそなえて「外貨貯金」をしておいた方がセーフティーだ。といった考えだが、もはや暗号通貨が取引の主流になると思われるので「外貨貯金」の必要性が薄くなる。

かつて証券アナリストは花形だったが。。。

どこの証券会社も人工知能をカスタマイズして活用する時代へ。
よって、各社の分析が類似した回答になる可能性が大、差別化が難しくなる。

「大企業信奉」これはいらない

まず、これから始まる自由主義時代は自由主義なだけあって、「個人」に対して何ができるか問われる時代。大企業の一部としてビジネスの大枠を捉えることができるのか?むしろ小さいチームでビジネスの大枠を捉えるほうがメリットを感じてしまう。

「ビジネスの中で人望が最も重要である」これは重要か!?

今まで培ってきた「人間性」や「技術」それが一定以上に認められた時、必要な人たちが自然と集まるリアリティーの高いメディア媒体が未来にはあると思います。平等性にかける忖度に過度な期待はしない方が良いと思う。

注目している業界

  • 銀行の生き方
  • 証券会社の生き方
  • 士業のAI活用
  • 生命保険会社の新しいプラン
  • 医事課業務のAI活用

参考動画及び書籍

参考動画

参考書籍

 

PAGE TOP