INFORMATION HALL

ホームページ制作TOP > ホームページ制作情報館 > ホームページに埋め込んだFacebookプラグインがSEO対策に!?
[期間限定] 標準クオリティープラン  WEBサイト制作20%OFF
失敗しないWeb制作会社の選び方
SEO対策

ホームページに埋め込んだFacebookプラグインがSEO対策に!?

SEO対策2014.10.02

Facebookのタイムラインをホームページに埋め込んでいるとき、そのタイムライン上のテキストがページの一部と認識されている可能性があるのでまとめました。
ただし以下の情報の詳細は未確認なため、今後も検証を続けていくことにします。

当社お客様のホームページで見られた現象

まず前提として、当社のお客様である『KIWI教育センター』様のサイトには下記スクリーンショットのようにFacebookのソーシャルプラグインである『LikeBox』を使用してタイムラインを埋め込んでいます。

01

今回の現象を見つけるきっかけになったのは、Googleで『kiwi japanese language school 』を検索してみたとき、次のような検索結果が出たことです。

02

検索結果のスニペット(タイトル以下の部分)に、Facebookの投稿内容が現れていました。ホームページ本体にはスニペットに書いてある内容は全く出てきません。
私は上記Facebookページに「いいね!」をしているので、もしかするとその影響かも、と思いログアウトして検索し直したり、普段使っていないGoogle Chromeのシークレットモードで検索してみたりしても結果は同様でした。

iFrameとして埋め込まれているはずなのに…?

Facebookのソーシャルプラグインは、JavascriptによりiFrameとして埋め込まれます。
基本的にフレームはGoogleから別のページとして処理されるはずです。
従って、先程のキーワードで検索した時に、検索結果画面に『Facebookページ』が候補として現れるのは当然ですが、ホームページ本体も表示されるということは、『iFrameの中身』と『それを埋め込んでいるページ』をGoogleが紐付けて見ていることになります。

それでは全く関係のないホームページを、自分のホームページのコンテンツの一部としてiFrameで埋め込めばSEO対策になるのかと言えば、そんなあからさまなスパムが通用するとは思えません。

Facebookページからホームページへのリンクが鍵?

今回の事例ではなぜiFrame内のコンテンツがそのページの一部だと認識されているのでしょうか?
可能性としてはGoogleがFacebookページからのリンクを見て、両者を紐付けているからかもしれません。

03

上記はFacebookページですが、赤枠で囲まれたURL部分はFacebookページの管理者しか修正できない箇所なので、埋め込み先のホームページと紐付いているということをGoogleは判断している可能性があります。

SEOとしてどれほどの効果があるかは定かではありませんが、もしからしたらFacebookを埋め込むことでプラスの効果があるかもしれません。

PAGE TOP