HOMEPAGE TIPS BLOG

ホームページ制作TOP > Web技術Tips > デザイナーにおすすめしたい、フィードリーダー『Panda 5』の使い方
[期間限定] 標準クオリティープラン  WEBサイト制作20%OFF
失敗しないWeb制作会社の選び方
ブラウザ

デザイナーにおすすめしたい、フィードリーダー『Panda 5』の使い方

ブラウザ2016.12.20

WEB業界人としてある程度はWEBの最新をチェックしておきたい気持ちはありますが、

そんなことよりやるべき仕事があるとなおざりにしがちです。

今回の記事では、新規タブをフィードリーダーにするChrome向け拡張機能『Panda 5』を紹介します。

Panda 5 とは?

従来のフィードリーダーのように、登録したサイトの最新の投稿を一覧できるのですが、Panda 5はサムネイルが並びます。

英語のサービスですが、英語アレルギー気味の僕でも特に問題なく使えているので、あまり気にならないと思います。

panda5-img01

Chromeの新規タブなら1日に何度も見るページなはずなので、面倒くさがりな人には特にオススメです。

もちろん有料版もありますが、基本的に無料、アカウント登録なしで使えます。

サムネイルをクリックすると、インラインフレームでアクセスできます。

(少し前までは直リンクでサイトにアクセスできたのですが、仕様が変わってしまいました。)

panda5-img08

使い方

拡張機能インストール

panda5-img02

Panda 5に真下に酷似した紛らわしい拡張機能がありますが、これは以前のバージョンなので間違えてインストールしないようにします。

panda5-img03

メニューにアイコンが追加されるのでクリックします。

panda5-img04

Twitterでアカウントを作成するか聞かれます。

今は無視します。

panda5-img05

インストールできました。

フィードを編集

Panda 5 のフィードリーダーには、メインの『PANDA FEEDS』と普通の『RSS FEEDS』があります。

『PANDA FEEDS』はいくらでも追加できますが、『RSS FEEDS』は無料版だと3つまでしか追加できません。

ただし、『PANDA FEEDS』に登録できるのは英語サイトのみです。

PANDA FEEDSを追加する

左メニュー下の [Add feeds] から追加画面に移行します。

panda5-img06

検索すると、追加できるサイトのみが表示されます。

panda5-img07

2つありますが、パンダアイコンのほうがPANDA FEEDSで、RSSアイコンのほうがRSS FEEDSです。

[Add] で登録できます。

RSS FEEDSを追加する

RSS FEEDSはアカウントを登録しないと追加できないので、アカウント登録してない場合は登録します。

RSS FEEDSのほうはフィードが設定されているサイトなら日本語サイトでも登録できます。

その他の機能

レイアウト変更

todoリスト

panda5-img09

Googleアプリ一覧

panda5-img11

まとめ

以上、Panda 5の紹介でした。

英語サイトにしか対応していないこともあってか、日本では全然流行ってないですね。

(日本以外でも別に流行っていませんが。)

Panda 5と雰囲気が似ていて、日本語サイトにも対応しているフィードリーダーがあれば教えて欲しい…!

PAGE TOP