HOMEPAGE TIPS BLOG

ホームページ制作TOP > Web技術Tips > WordPressで子テーマのテーマフォルダまでのパスを出力する方法
[期間限定] 標準クオリティープラン  WEBサイト制作20%OFF
失敗しないWeb制作会社の選び方
WordPress

WordPressで子テーマのテーマフォルダまでのパスを出力する方法

WordPress2013.07.22

WordPressの子テーマを使ってこのブログを構築していた際、子テーマの中の「images」ディレクトリを参照したかったので何も考えず「boginfo(‘template_url’)」で参照しに行ったところ、親テーマのimagesディレクトリの中を見に行ってしまっていました!

子テーマのテンプレートでは、親テーマのディレクトリを見に行く書き方と、子テーマ自身のテーマディレクトリを見に行く書き方は分ける必要があるのです。

ちなみに親テーマのフォルダは上述の通り「boginfo(‘template_url’)」で見に行けますが、これも非推奨の記述のようです。

まとめると以下が正しい記述方法になります。
ややこしいですね。

●子テーマから親テーマのテーマディレクトリを見に行く場合

<img src=”<?php bloginfo(‘template_url’); ?>/images/sample.jpg” />

<img src=”<?php echo get_template_directory_uri(); ?>/images/sample.jpg” />

●子テーマが自分自身のテーマディレクトリを見に行く場合

<img src=”<?php bloginfo(‘stylesheet_directory’); ?>/images/sample.jpg” />

<img src=”<?php echo get_stylesheet_directory_uri(); ?>/images/sample.jpg” />

参考サイト

http://mypacecreator.net/blog/archives/684

この記事は公開から 1605 日経っているため、情報が古くなっている可能性があります。

PAGE TOP