DOE'S STRENGTHS

[期間限定] 標準クオリティープラン  WEBサイト制作20%OFF
失敗しないWeb制作会社の選び方

SEARCH ENGINE OPTIMIZATION

DOEのSEO対策の考えをお知らせします

DOEのSEO対策

SEO

SEO対策の下地となる考え

Googleの評価を得るためにはどうすればいいのか?

「まだ立ち上げたばかりのサイト」、「ほとんど更新がされていなく放置されているサイト」、「ページボリュームが少なく露出機会が少ないサイト」はGoogleから評価が低く注視されていません。この状況では検索順位が上がりません。
分かりやすくするために「村」と「町」、「都市」を例にご説明いたします。
トラフィックが少ないサイトはGoogleから「村」として見られています。
「村」なので電車や空港は必要が無い。よって観光客が増えないという状況なのです。
この状況を打開するためには、色々な工夫をしてトラフィックを増やし、満足して帰っていただくを繰り返し行う事です。
トラフィックの増やし方はページを増産する方法が一般的です。ページを増産すると多くのキーワードで検索結果に表示される機会が増えます。その他、個々のメール内でURLを記載したり、SNSで呼びかけたり、色々な方法でトラフィックを増やし、Googleに「村」ではなく「町」であることを認識させましょう。
そうすると、定期的にバスが巡回して環境客を連れてきてくれます。要するにGoogleの検索順位が上がります。
ゆくゆくは「町」ではなく「都市」としてGoogleに認識されれば電車や飛行機が巡回して、多くの観光客が訪れてくれます。要するに色々な検索キーワードで上位表示されることでアクセス数が増加します。
このようなイメージでSEO対策を考えていくと良いと思います。

まずは「町」を目指しましょう

理想的なサイト

今回は軍隊として例えます。最強の軍隊を作るためにはどうすればいいのか?
単純に考えて最強の兵士を増産すれば軍隊が強くなります。
そして、サイトでいう「最強の兵士」とはクオリティーの高いセカンドページを指します。
クオリティーの高いセカンドページは多くのトラフィックを発生させて、閲覧ユーザーを満足させることができます。もちろん「軍隊」なので規律が重要です。関連性の低いコンテンツではなく関連性の高いコンテンツを増産します。
このセカンドページが増産された時、サイトの頂点にいるトップページはメインキーワードで上位に表示されてより多くのトラフィックを稼ぐことができるでしょう。

SEO対策のポイント

ドメインの歴史(ドメインが古い方が有利)

人間社会と一緒です。ドメインを保有し、今までのホームページのキャリアが長ければGoogleからの信頼性が蓄積され評価されます。ただ、ユーザーに影響を与えていないサイトや放置しているサイトは評価が低いです。

外部サイトからリンクを多く受けている

外部サイトから多くリンクを受けている

こちらも人間社会と一緒です。第三者からの紹介が多ければ多いほど信頼度が高いと言えます。よって、他ドメインサイトからの紹介(リンク)が多いほど信頼度が高くなります。また、関連性のあるサイトやページからリンクを受けると更に効果的です。
また、リンク設定されているテキストの中に上げたいキーワードが含まれていると、キーワード対策として効果が高いです。
しかし、いくら外部からのリンクが多くても、クリックされないような機能していないリンクであれば効果は薄いです。

ページ内部に関連性のある有効なリンクが多く設置されている。また、リンクテキストの中に重要なキーワードが含まれている

上記の「外部サイトから多くリンクを受けている」と同様で、自社サイト内のリンクについてもクリックされるリンクが多く含まれている事が重要です。関連性を考慮してリンク設計をするとクリックされる有効なリンクとなるでしょう。また、外部の他ドメインサイトへの発リンクも効果的です。
そして、リンク設定されているテキストの中に上げたいキーワードが含まれていると、キーワード対策として効果が高いです。

サイト内でコンテンツの関連性が高く、ページボリュームが多い

ページボリュームが多いと色々なキーワードで検索結果に表示される機会が増えます。また、それぞれのページの関連性が高いとサイト内部で多くの適切なリンクを設置することができ、ユーザーは複数のページを閲覧することが想定できます。結果、内部リンクによって複数のページがGoogleの評価を得ることができます。
その他に関連性が高いサイトはサイトの目的をユーザーやGoogleに分かりやすく表現することができます。

コンテンツが検索ユーザーにとって有益である

全く有益でないコンテンツばかりが並ぶ検索エンジンを、果たしてユーザーが使うのでしょうか?
Googleは最も精度の高い検索エンジンです。検索ユーザーの満足度が高いコンテンツは評価を受け優先的に上位に表示されます。

検索上位に表示されたいキーワードが多く含まれている

そもそも検索エンジンは人と同じようにホームページに記載されている文字データを判断しています。
強引にキーワードを多く詰め込むあまりユーザーにとって読みにくいサイトになってしまっては本末転倒です。閲覧しやすいという条件の中で工夫して出現率を増やす方法が良いと思います。

更新頻度が多い

放置されているサイトは徐々にアクセス数減少、検索順位も下がっていく傾向があります。しっかりとWeb運用していく必要があります。

アクセス数が多い

アクセス数が多いといった需要があるページは検索順位が上昇する傾向があります。

Google検索結果一覧ページでクリック率の高いタイトルタグが設置されている

1ページに一箇所タイトルタグが設置できます。このタイトルタグは検索一覧ページのタイトル部分で掲出されます。
SEO対策ではこのタイトルタグにキーワードを含め、クリックしたくなるような文面を作成するとクリック率が向上して効果が期待できます。
設置したタイトルタグとページの内容が全然違う場合はすぐに離脱されてマイナス要因になります。

上げたいキーワードのページが用意されている

上げたいキーワードのページがあると効率的です。それはサイト内部でキーワードを含んだリンクを増設できるという点と検索キーワードとの動線強化に繋がるからです。

各ページの容量、サーバースペックにより表示速度が早い

PC、スマホ端末など色々なサイズに対してデザインを最適化して表示させるレスポンシブWebデザインは特にPC用の画像とスマホ用の画像をそれぞれ用意するケースなどがあり、容量は重くなる傾向があります。
作業内での軽量化はもちろん行いますが、サーバースペックによって表示スピードが大きく異なります。
表示スピードが遅いサイトはユーザーとGoogleにとってマイナスポイントです。

『ページが見つかりません』エラーの状況がない

特にサイトリニューアルの時にURLが変更するケースは多いです。既存のページそれぞれが様々な検索キーワードで露出されている状況の中で放置されるのは、非常にもったいない状況です。URLが変更になる場合は最も類似したページにリダイレクト処置を行います。

コンテンツ掲出先行者メリット

Googleの検索順位を決めるロジックの一つでコンテンツを誰よりも早く掲出した場合は評価を多く得られる傾向がございます。

スマホ検索の際はスマホ対策されたサイトを保有している

デバイスの多様化により、スマホやタブレットからWebサイトが閲覧するユーザーが急増しています。
通常、スマホからPC向けに制作されたサイトを見ると、デバイス幅などの関係上サイトが読みづらくユーザーはすぐにサイトを見るのをやめてしまいます。
そうすると、機会損失というだけにとどまらず、SEO対策の指標である「直帰率」が悪化してしまい、Googleからの評価が下がります。
お客様の業態によってはスマホからの流入が少ない場合もあるため、必ずしもスマホ対策をしなければいけないわけではありませんが、すべてのユーザーにとって見やすいサイトにするためにもスマホ対策は一般的です。

また、Googleはユーザーに最適な検索結果を表示するため、スマホの検索結果にスマホ用に最適化されたサイトを優先的に表示させる「モバイルファーストインデックス」を実施予定です。

PAGE TOP